2024年の新製品まとめ

【ダイワ】24ドラッガーSX SLSJ|フィネススタイルで挑むNewショアジギングロッドを徹底解説

ドラッガー SX SLSJは、フィネススタイル青物に挑むスーパーライトショアジギングモデルのロッドです。

振り抜きやすく、操作性も抜群の軽さで、使用感は他と比べ物にならない程のレベル。

3万円程の価格帯と、ショアジギングロッドの中でも最高品質です。

(参照:ダイワ公式HP)
Contents

24ドラッガーSX SLSJの特徴

HVFより更にレジン量を減らして筋肉質に仕上げた「SVFカーボン」を搭載。

細身のブランクスからは想像もできない軽さとパワーを実現しています。

リールシートには「AIR SENSOR SEAT」を採用しているのも大きなポイント。

感度がUPしており穂先には表れない微細な変化も手で感じ取ることができます。

グリップも手にフィットする形に仕上げられているため、長時間キャストを繰り返しても手が痛くなりません。

前モデルとの違い

ドラッガーシリーズは2023年に追加されたショアジギングロッドの新シリーズですので、前モデルはありません。

ドラッガーSXのSLSJ(スーパーライトショアジギング)ロッドとして新たに追加されました。

違いは使用できるジグウェイトがMAX30gに設計されている点です。

ラインも0.6~1.0号にあわせてあり、繊細なアプローチで口を使わせる釣りが展開できます。

SXが得意とする激しいジャークに対してSX SLSJはシェイクするようなアクションに適しています。

注目の目玉ポイント

ドラッガー SX SLSJの着目すべき点はエギングロッドのような感覚で扱える軽さと調子です。

ティップが非常に軽いため、ロッドを上に向けてアクションを加えたときの感覚はエギングロッドそのものです。

調子もスムーズに曲げ込んで、反発力でジグを操作できるので、エギと同じ感覚で入力できるでしょう。

しかし、耐久性はショアジギングロッドらしさを持っており、青物との豪快なファイトを約束してくれます。

ショアジギングロッドと違って体力がなくても気軽に扱うことができるロッドといえるでしょう。

軽くて操作性の高いシーバスロッド、サーフロッドを代用していた方が待ち望んでいたロッドです。

ラインナップ

スクロールできます
品番全長継数仕舞自重ジグ適合ライン
84M2.54m2本131cm104gMAX30g0.4-1.0号
94M2.84m2本146cm115gMAX30g0.4-1.0号
93M-S2.82m2本145cm115gMAX30g0.4-1.0号

24ドラッガーSX LSJ 84M

  • 全長:2.54m
  • 継数:2本
  • 仕舞:131cm
  • 自重:104g
  • ジグ:MAX30g
  • PEライン:0.4-1.0号

24ドラッガーSX SLSJ 94M

  • 全長:2.84m
  • 継数:2本
  • 仕舞:146cm
  • 自重:115g
  • ジグ:MAX30g
  • PEライン:0.4-1.0号

24ドラッガーSX SLSJ 93M-S

  • 全長:2.82m
  • 継数:2本
  • 仕舞:145cm
  • 自重:115g
  • ジグ:MAX30g
  • PEライン:0.4-1.0号
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

Contents