2024年の新製品まとめ

【ダイワ】24月下美人X|初心者に絶対オススメのアジングリールがリニューアル!

繊細な釣りが求められるライトゲームにおいて重要視される、リールの軽さと巻き感度の良さを大幅に向上させたライトソルト専用のスピニングリールです。

1万円程度で購入できる製品でありながら、「マグシールド」や「ATD 」「エアローター」など、上位機種に迫る基本性能を搭載。

巻き出しが非常に軽やかなため、アンダー1gのルアーを使用しても意のままに操作することができます。

ダイワの軽量コンセプトの「LT」が採用され、さらに使いやすくなったライトソルトの人気機種です。

Contents

24月下美人Xの特徴

ドラグは初動レスポンスがよいATDシステムを搭載しているので、エステルラインを使用してもアワセ切れが軽減されます。

エントリーモデルでありながらマグシールドを搭載しているので、塩噛みやギアの腐食も気にせず使用できるでしょう。

月下美人ブランドらしい赤色のアクセントを使ったカラーリングで、とても高級感のある仕上がりになっています。

「LTコンセプト」の採用により、とても軽量に仕上げられ、ひたすらキャストを繰り返すランガンスタイルにも最適です

[st-kaiwa1]月下美人のデザインが好きな人にはもちろん、幅広い人にウケる外装だよ![/st-kaiwa1]

また、「マグシールド」を搭載しているので、使用後は水洗いだけで塩ガミを防いでくれます。

アジングリールに必要最低限のスペックは、ほぼ兼ね備えていると言っていいでしょう。

前モデルとの違い

前モデルとの大きな違いは、次世代スピニングリールの設計思想である「AIRDRIVE DESIGN」のうち2つが採用されたことです。

巻き心地がより軽やかになり、ライントラブルも今まで以上に起きにくくなっています。

また、ドラグも「ATD TYPE-L」に変更されたことで初動レスポンスが向上しています。

そして、カーボンハイブリット樹脂の最高峰である「ZAION V」がローターに採用されたため、強度をUPさせながら自重は5%ほど軽くなっています。

注目の目玉ポイント!

上位機種に採用されていた新ドラグ「ATD TYPE-L」を採用したことは、極細ラインを使用する方にとって大きなメリットとなります。

アワセ切れが軽減されるだけでなく、ラインが出るか出ないかのギリギリのドラグ設定が行いやすくなりました。

カマスやメッキを狙いう際に激しいアクションを加えてもラインブレイクが軽減されます。

また、5%の軽量化はライトゲームにおいて非常に効果が高く、より繊細な釣りを楽しめるようになっています。

エントリーモデルでありながら、ショートロッドと組み合わせてもバランスがとりやすい自重です。

近距離戦のアジングでは強い武器になるでしょう。

ラインナップ

品名 ギア比 ハンドル1回転 自重 最大ドラグ力 ナイロン PEライン
LT1000S-P 4:8 60cm 185g 5kg 2.5lb-100m 0.3号-200m
LT2000S-P 4:8 63cm 190g 5kg 2.5lb-100m 0.3号-200m
LT2000S 5:2 68cm 190g 5kg 3lb-150m 0.4号-200m

24月下美人X1000S-P

  • ギア比:4:8
  • 自重:185g
  • 最大ドラグ力:5kg
  • ハンドル1回転:60cm
  • ナイロン(lb):2.5-100m
  • PEライン(号):0.3-200m

24月下美人X2000S-P

  • ギア比:4:8
  • 自重:190g
  • 最大ドラグ力:5kg
  • ハンドル1回転:63cm
  • ナイロン(lb):3-150m
  • PEライン(号):0.4-200m

24月下美人X2000S

  • ギア比:5:2
  • 自重:190g
  • 最大ドラグ力:5kg
  • ハンドル1回転:68cm
  • ナイロン(lb):3-150m
  • PEライン(号):0.4-200m
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

Contents