2024年の新製品まとめ

オシアジガーインフィニティは折れる?高級なスロージギングロッドを購入する前に

オシアジガー∞は折れる?

一昔前のスロージギングロッドは、ロッド全体にハリがあるものが主流でした。

しかしながら、インフィニティを含め、近年の改良によりロッドはハリがありながら柔軟なものに。

ロッドの破損ようなトラブルも、グッと聞かなくなりました。

しかしながら、オシアジガーインフィニティは高価なスロージギングロッドなので、できるだけ長く使いたいですよね。

SNSやネットでも、「オシアジガ∞は折れる?」と検索する人がいるのも事実。

私自身、「オシアジガー∞」を折った経験はないのですが、今回はインフィニティの特性を考慮しながら折れるパターンを考察してみます。

Contents

ティップはそんなに細くない

オシアジガーインフィニティ
執筆者

折れる可能性があるとすればティップ付近です。

しかしながら、ヘビーなジグを操作するオシアジガー∞は、特別に細いティップを持っているわけではありません。

通常のジギングで使用する分には、折れる要素は何ひとつないかなと思います。

折れるパターンを考察

  • 根掛かりが原因でロッドを曲げ過ぎる
  • ガイドの糸がらみが原因で折れる

現在のスロージギングロッドはとても優秀です。

上記のようなトラブルがない限り、現在のオシアジガーインフィニティが折れるということはありません。

あくまで偶発的な事故によるものが原因ですが、無くはないのでチェックしてみるといいでしょう。

根掛かりをして船に巻き込まれる

執筆者

スロージギング で根掛かりは付きもの!

根掛かりをしたと思ったら、アワセずにラインスラッグを出してあげるのが基本です。

船はどんどん流されていくので、早めに諦めるのが定石です。

いつまでも粘っていると、他のアングラーにも迷惑が掛かるし、船の下に入り混んで行くのが一番危険なパターン。

ロッドが船縁に吸い込まれていき、ロッドがティップやブランクの部分から破損したり、折れた破片が顔面を直撃したりする

ロッドの値段を考えると、ラインを捨てる方が幾分マシですよね。

ティップに糸がらみしてキャスト

ジグを投入する際は、1秒でも早く落としたいもの。

私も朝一の1投目は、慌てて投入してしまいがちです。

そこで気をつけたいのが、ガイドやティップの糸がらみ。

スロージギングでは、軽くキャストをして探ることもありますよね。

ティップ付近にラインが絡んでいると、ジグの重さで折れてしまうことがあります。

執筆者

あまり見かけない事例ではありますが、気をつけてくださいね!

ただし中古はわからない

非常に高価なロッドなので、少しでも価格を抑えたい人にはメルカリは便利ですよね。

ただし、ブランクスやティップ部分の弱り具合は、実際の使用者しかわからないのも事実です。

使用頻度はもちろん、そのロッドの使用方法やトラブルの歴史は、前任者しかわからないとこもあるので実際はシークレットな一面もあるかと。

なので、現在の中古品の査定は厳しいので、楽天やタックルベリーでの中古品はありかなと。

ただ、査定料や修理費などが元々入っているので、そこまで安くないですよね。

オシアジガーインフィニティのラインナップ

オシアジガーインフィニティ

バッドガイドのスレッドがカラー分けされているので、同じシリーズを複数本持ち込んでも取り出す時に迷いません。

オシアジガーインフィニティは中深海ジギングに大人気モデルで、背負うジグの重さで決めるのがおすすめ。

特に、6~10番のモデルを使用すれば、500g以上のジグを操作する事が可能です。

執筆者

ムチッとしたしなりが入るロッドなので、10㎏を超える様な大物を掛けた時は、ロッドを曲げながら巻上げる事が可能ですよ!

スクロールできます
品番全長(m)自重(g)ジグ(g)PE(号)
B6511.96133MAX130MAX1.5
B6521.96137MAX180MAX2.0
B6531.96140MAX230MAX2.5
B6341.91140MAX300MAX3.0
B6351.91147MAX400MAX3.0
B6361.91160MAX450MAX4.0
B8032.44170MAX400MAX2.5
(参照:シマノ公式HP)

オシアジガーインフィニティB651

\ 粘り強い「しなり」を備えた繊細な1本  /

  • 全長:1.96m
  • 自重:133g
  • ジグ:MAX130g
  • PE糸:MAX1.5号

1番モデルでありながら180gのジグにも幅広く対応。細身でありながら大型魚にも対応するパワーを装備しています。

オシアジガーインフィニティB652

\ 水深80-120mまで広くカバー /

  • 全長:1.96m
  • 自重:137g
  • ジグ:MAX180g
  • PE糸:MAX2.0号

インフィニティのシリーズで、最もスタンダートなモデル。青物、マダイを中心に、近海スロージギングの王道スペックを装備しています。

オシアジガーインフィニティB653

\ 中深海のスタンダードモデル /

  • 全長:1.96m
  • 自重:142g
  • ジグ:120-280g
  • PEライン:MAX2.5号

280gまでのジグにを軽快に操作し、深場の青物ジギングから150m程の中深海スロージギングにも対応します。

オシアジガーインフィニティB634

\ ディープスローの本格派モデル /

  • 全長:1.91m
  • 自重:146g
  • ジグ:140-350g
  • PEライン:MAX3.0号

350gまでのジグに対応した、中深海ジギングのスタンダードモデルです。

オシアジガーインフィニティB635

\ 本格的な深海エリアに!/

  • 全長:1.91m
  • 自重:151g
  • ジグ:160-430g
  • PEライン:MAX3.0号

MAX430gのジグに対応し、大型青物やディープエリアのスロージギングに最適なモデル。

オシアジガーインフィニティB636

\ 水深400mを射程圏に!/

  • 全長:1.91m
  • 自重:162g
  • ジグ:180-500g
  • PEライン:MAX4.0号

500gのジグを軽快に操作し、深場のキンメダイやメヌケをターゲットにしたマニアモデル。

オシアジガーインフィニティB617

\ 水深500mを射程圏に!/

  • 全長:1.85m
  • 自重:169g
  • ジグ:200-600g
  • PEライン:MAX4.0号

ジグウエイトは最大で600gに対応。キンメダイやメヌケを本格的に狙えるマニアモデル。

オシアジガーインフィニティB618

\ MAX750gのジグに対応!/

  • 全長:1.85m
  • 自重:173g
  • ジグ:230-750g
  • PEライン:MAX4.0号

アブラボウズを視野に入れた、未開のゾーンに挑むためのマニアモデル。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

Contents