2024年の新製品まとめ

【比較】オシアジガーとFカスタムの違いをわかりやすく解説!

オシアジガーとfカスタム

「オシアジガー」と「オシアジガーFカスタム」は何が違うの?

スロージギングリールでは、ド定番のオシアジガーの大人気シリーズ。

値段もスペックもほぼ同じの製品で、実際に何が違うのかと悩む方も多いはず。

結論から言うと、ジギング全般や、オフショアの泳がせ釣りであれば「オシアジガー」が最適。

スロージギングのみを極めたい方には「オシアジガーFカスタム」がおすすめです。

Contents

スペックで比較

スクロールできます
 オシアジガー1500HGオシアジガーFカスタム1500HG
値段4万円3000円前後4万7000円前後
重さ  
Xプロテクトありあり
マイクロモジュールギアⅡありあり
インフィニティドライブありあり
フォールレバーなしあり

ギアとボディ素材は、もちろん「HAGANE」仕様で剛性と耐久性は抜群。

スペック的には通常のオシアジガーと変わりませんが、「オシアジガーFカスタム」はHGモデルしか製作されていません。

「1500HG」で比較してみると、重さや巻き上げトルクもほぼ同じです。

大きく異なるのは、「オシアジガーFカスタム」にはフォールレバーが搭載されている点。

このアイテムが搭載されている分、「オシアジガーFカスタム」の値段は、4000~5000円高くなっています。

執筆者

下記のインプレも参考にしてくれ!

実際の使用感はこちら
  • オシアジガーのインプレ
  • オシアジガーFカスタムのインプレ

フォールレバーとは?

オシアジガーfカスタム

親指1本で操作のできるフォールレバーが搭載。

誰でも簡単にジグを落とし込むことができ、刻々と変化するタナを手返し良く攻める釣りにおすすめです。

また、フォール速度を自由に調整できるので、フォールで食わせる釣りも楽しめます。

コンパクトで握りやすい形状は、力が込めやすく重いジグの操作も楽にしてくれます。

水の抵抗を強く受けるジグや、中深海の釣りでも活躍するシステムです。

ジギング全般ならオシアジガー

オシアジガー

オシアジガーは、ジギングのために製造されたベイトリールです。

「ハンドル1回転あたりの巻き上げ量」「巻き上げトルク」「滑らかな巻き心地」どれをとっても天下一品。

ジギングを本格的に取り組むなら、買って損のないリールに仕上がっています。

まさに、サ・ジギングリールと言えるでしょう。

オシアジガー1500PG

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
  • ギア比:5:1
  • 最大ドラグ力:7.5kg
  • 巻き上げ量:78cm
  • PE糸巻き量:2/500m, 2.5/400m

巻き上げパワーに特化した、近海スロージギング対応モデル。小さなスライドアクションで誘うなら、こちらモデルがオススメです。

オシアジガー1500HG

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
  • ギア比:6:4
  • 最大ドラグ力:7.0kg
  • 巻き上げ量:97cm
  • PE糸巻き量:2/500m, 2.5/400m

「スロージギングを本格的に始めたい!」という方は、迷わずこのモデル。スロージギングの基本とも言えるワンピッチジャークを得意とし、5kgくらいのヒラマサでも主導権を与えません。

オシアジガー2000NRPG

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
  • ギア比:5:1
  • 最大ドラグ力:10.0kg
  • 巻き上げ量:96cm
  • PE糸巻き量:3/400m, 4/300m

水深100mを超える中深海スロージギングや、大型カンパチ&キハダマグロに対応。ハンドル1回転当たりの糸巻き量を保ちつつ、圧倒的なリーリングパワーで魚に主導権を与えません。

オシアジガー2000NRHG

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
  • ギア比:6:2
  • 最大ドラグ力:10.0kg
  • 巻き上げ量:117cm
  • PE糸巻き量:3/400m, 4/300m

近海から中深海スロージギングまで対応した万能型ベイトリール。ハンドル1回転当たりのライン回収量が秀逸で、大型カンパチやヒラマサを素早く根から引きはがすのに最適です。

スロージギングを極めるならFカスタム

オシアジガーfカスタム

スロージギング最強リールとも呼ばれている「オシアジガー」に、フォールレバーを搭載したカスタムモデル。

スロージギングに特化させたスペシャルモデルで、フォールスピードの細かい調節をすることが可能。

フォールのスピードに変化をつけることで、バイトのチャンスを再現することができきます。

その「性能」「機能性」「巻き心地」は、シマノ最強のベイトリールです。

執筆者

軽量化も徹底されていて、1日使用しても疲れにくいぞ!

オシアジガーFC1500HG

\ 汎用性抜群の大人気モデル! /

  • ギア比:6:4
  • 自重:430g
  • 最大ドラグ力:MAX7.0kg
  • 巻き上げ量:98cm(1回転あたり)
  • PE巻き糸量:2.0-500m, 3.0-320m

水深100mくらいまでなら、この1台であらゆる魚をターゲットにスロージギングをすることができます。

オシアジガーFC2000NR-HG

\ 大型青物から中深海ジギングまで! /

  • ギア比:6:2
  • 自重:605g
  • 最大ドラグ力:MAX10.0kg
  • 巻き上げ量:117cm(1回転あたり)
  • PE巻き糸量:3.0-400m, 4.0-300m

圧倒的なラインの巻取り量とトルクを活かして、ヒラマサやカンパチなどの大型魚にも対応できます。

オシアジガーFC3000HG

\ 超ディープエリアの深海ジギングに! /

  • ギア比:6:2
  • 自重:630g
  • 最大ドラグ力:MAX10.0kg
  • 巻き上げ量:117cm(1回転あたり)
  • PE巻き糸量:3.0-670m, 4.0-480m

大型キハダマグロからアブラボウズを視野に入れたモデル。PE1.5号のラインなら1000m近く入る、異次元のラインキャパが魅力です。水深500mを超える深海でも、楽々とラインを回収できる大型ベイトリールです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

Contents