2024年の新製品まとめ

ソルティガIC300H-SJ【インプレ】オフショアゲームの最先端テクノロジーを搭載!

ダイワから販売されているオフショア専用の超本格派ベイトリール。

PE1.2~2.5号を軸に、ラインキャパを生かしたスロージギングゲームに最適のスペックを搭載。

巻き上げ速度が速いため、ディープエリアも手返し良く攻める事が可能です。

さらに、デプスアラーム機能を生かして、その日のタナを正確に攻める釣りが楽しめます。

耐久性、滑らかさ、軽さを追求するために、ダイワの最新テクノロジーを投入したベイトリールです。

Contents

スペックと搭載機能

  • ギア比:7:3
  • 自重:405g
  • 最大ドラグ:10kg
  • 巻き取り量:98cm
  • 標準巻糸量:1.5-500m, 2-400m, 2.5-300m

心臓部の「ハイパードライブデジギア」は、高負荷をかけても破損することなく滑らかさを持続。

ベアリング部分には「マグシールド」使われており、波しぶきがかかる過酷なシーンでも水の侵入を許しません。

巻き上げトルク、耐久性ともに、過酷なオフショアジギングを長年遊べるスペックを搭載しています。

オススメの機能

当機種専用の「ICカウンター」は、目測で現在の水深を瞬時にチェック。

さらに「デプスアラーム機能」が、フォール中の水深を知らせてくれるので、目で液晶をチェックする必要もありません。

『ソルティガIC』は、攻めている水深を常に把握することに特化したリールなのです。

口コミと評判

実際のインプレッション

オフショアゲームでは、魚の居るレンジを繰り返し正確に攻めることが大切。

ICカウンターは、暗闇の中、常に正確な水深をキャッチします。

夜のクロムツやキンメ狙いのジギングで、ラインの見えない時間帯に重宝できるアイテムです。

水深120m前後でクロムツを狙ったぞ!

執筆者

水深120m前後でクロムツを狙ったぞ!

デプスアラーム機能は、音の違いだけで深さを知ることが出来るので、「手の感触」「穂先の動き」に集中してアタリを感じ取る事ができました。

サミング操作もラインを触らず、スプールに触れて行えるのでラインを傷つける事もありません。

(水深120m程のレンジでクロムツをキャッチ)

中深海の入り口とも呼べる水深でしたが、巻き上げもフルトルクなので余計なストレスも感じませんでした。

指が濡れる事も無く、クラッチレバーも固着しにくいので、いつでも快適な釣りが楽しめます。

  • ギア比:7:3
  • 自重:405g
  • 最大ドラグ:10kg
  • 巻き取り量:98cm
  • 標準巻糸量:1.5-500m, 2-400m, 2.5-300m

ソルティガICのラインナップ

品名巻取り量ギア比自重最大ドラグ力PE糸巻き量(号-m)
10070cm(1回転)6:3310g7kg0.8-500,1-400, 1.2-300
100P-DH54cm(1回転)4:8300g7kg0.8-500, 1-400, 1.2-300
30084cm(1回転)6:3385g10kg1.2-600, 1.5-500, 2-400
300H-SJ98cm(1回転)7:3405g10kg1.2-600, 1.5-500, 2-400
(参照:ダイワ公式HP)

ソルティガIC100

PE0.8〜1.2号をメインに、タチウオジギングにや深場のタイラバに最適なモデル。

スプールの回転が非常に滑らかで、狙ったタナまで一気にフォールさせる事が出来ます。

ラインキャパも400-500mほど巻けるので、ディープレンジを狙うタイラバにもおすすめです。

ソルティガIC100P-DH

ソルティガIC100のパワーギアモデル。

ハンドル1回転あたりの巻取り量を抑える代わりに、巻きの軽いトルクフルモデルを実現。

真夏のタチウオジギングや浅場のタイラバゲームに最適です。

ソルティガIC300

巻き上げトルクを活かしたパワフルモデルで、PE2.5号〜3.0号を250〜300mほど巻くことができます。

『ソルティガIC300』でなら、近海ジギングの大型青物や大型真鯛に最適です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

Contents