2024年の新製品まとめ

ディープエリア対応|中深海ジギングロッドの正しい選び方とオススメ8選

中深海では、すべてが異次元の世界となります。

例えば「圧倒的な水圧」「光の届かない水深」「複雑な潮の流れ」といったところ。

通常のオフショアフィッシング では、このような過酷な環境での釣りはありませんよね。

中深海スロージギングで攻めるポイントは、そのような環境に対応できるタックルでなければなりません。

中深海ジギングにおすすめの本格派ロッド

オシアジガーインフィニティ
スロージャーカー
スローバンプSSD

Contents

基本的なスロージギングロッドの選び方

初心者向けスロー系ロッド8選
中級者向けスロー系ロッド8選
上級者向けスロー系ロッド8選
曲げれるスロー系ロッド8選
中深海向けスロージギングロッド
キハダマグロ向けジギングロッド
シマノのスロージギングロッド
ダイワのスロージギングロッド

シマノのスロージギングロッドは、ブランクス全体を曲げて勝負が可能。

また、安い値段でモデルもそろっており、初心者でも選びやすいメーカーです。

狙う魚のサイズを把握しよう

スロージギングで釣れる魚は、小型根魚から10kgを超えるモンスター級の青物まで様々。

小型の根魚も大型の青物も同じジグで食ってきます。

だからこそ、安いロッドの購入には気を付けてもらいたいポイントがあります。

安いロッドの購入の際には、値段だけでなく「ロッドのねじれ対策」のについても確認しましょう。

スロージギングでは、ロッドのねじれ対策ができている場合、ロッドの反発により魚を浮かす力が加わります。

ジグの重さを把握しよう

スロージギングロッドの購入前に、背負えるジグの重さを把握することが大事。

MAX○○○g」と書いてあれば、きっちりジグの重さは守ってください。

それ以上重くしても、ジグを持ち上げるパワーが生まれるわけではありません。

ジグの動きが大きく損なわれるだけでなく、ロッドの破損にもつながります。

ジグの重さを的確に把握して、適切なロッドの使用を心がけてください。

ジグから中深海ジギングロッドを選ぶ

中深海スロージギングで攻める水深は150〜300mくらいがアベレージです。

水深150mくらいなら、かなり浅い方かも知れません。

ジグの重さに関しては、底取りがハッキリすればOKです。

ただ、着底するまでにはいくつもの障害があるんですね。

「潮の流れの速さ」「2枚潮、3枚潮」など、何かしらの困難があります。

その時の状況によるのですが、250〜400gくらいのジグを背負えるロッドが一番汎用性が高いと言えます。

長さから中深海ジギングロッドを選ぶ

中深海スローでは、長めのロッドを使用します。

具体的には、6.8ft〜8ftくらいが目安です。

その理由を説明しますね。

PEラインの伸び率は3〜5%程度です。

100mのラインを引っ張れば、3〜5m程度伸びる計算になります。(実際はそこまで強い負担はかかりませんので、どの程度伸びるかはわかりません。)

ジグを動かすためにシャクるだけでも、ラインは多少伸びているのです。

つまり、ラインが伸びている分は、ジグの稼働域が減るわけです。

できるだけ長いロッドを使用して、ジグの稼働域を広げてあげることが、中深海攻略のコツとなります。

300gジグ対応のジギングロッド

スローバンプSSD633

  • 全長:6.3ft
  • 継数:1本
  • 自重:106g
  • ジグ:MAX350g

MAX350gまでのジグに対応したモデル。中深海スロージギングのエントリーモデルとして、手に取ってもらいたい1本です。

オシアジガー∞B63-4

  • 全長:6.3ft
  • 継数:1本
  • 自重:146g
  • ジグ:140-350g
  • PEライン:MAX3.0号

中深海に対応したパワーモデル。水深150~250mでのスロージャークを得意とし、アラやマダラなどの高級魚をターゲットに遊べます。

ソルティガSJ AGS55B-4

  • 全長:1.65m
  • 継数:1本
  • 自重:127g
  • ジグ:200-330g
  • ライン:1.0-3.0号

大型カンパチやヒラマサに対抗できる強靭なブランクスを搭載。水深250m前後までの本格的な中深海スロージギングも軽快にこなします。

スロージャーカーPSLJ603-5

エバーグリーンから発売されているスロージギング最強ロッド。

近海スロースロージギングを快適にこなすスタンダードモデルです。

近海のスロージギングから、水深100m前後のディープエリアまで遊べます。

  • 全長:1.91m
  • 継数:1本
  • 自重:133g
  • ジグ:120-250g
  • PE:MAX2.5号

ヘビージグに対応した中深海スロージギングモデル。水圧のかかるディープエリアでも、ジグの初速を可能な限り速め、アカムツやアラなどをターゲットに遊べます。

400gジグ対応のジギングロッド

スローバンプSSD634

  • 全長:6.3ft
  • 継数:1本
  • 自重:110g
  • ジグ:MAX450g

MAX450gのヘビージグでも軽快にアクションできる、中深海スロージギングの王道モデル。潮の速い水深300m前後のポイントでも、しっかりとジグにアクションを加えることが可能です。

スロージャーカーPSLJ603-6

  • 全長:1.91m
  • 継数:1本
  • 自重:135g
  • ジグ:150-300g
  • PE:MAX3.0号

中深海エリアでの二枚潮や、底取り難しい潮流の速い場面で活躍。ディープエリアと浮く夕の水圧に負けず、超ヘビージグでもしっかりと動かすことができます。

相性抜群の中深海ジギングリール

水深250mくらいまでをイメージして選択。

この程度の水深であれば、HGモデルの使用も可能です。

アカムツ、クロムツ、イシナギなどがメインターゲットとなります。

オシアジガーNR2000HG

  • ギア比:6:2
  • 最大ドラグ力:10.0kg
  • 巻き上げ量:117cm
  • PE糸巻き量:3号/400m, 4号/300m

HGモデルなので、ハンドル1回転当たり117cmと驚異的な巻き上げ量が魅力的。ラインの伸びてしまう中深海でも、しっかりとワンピッチで攻めることが可能です。

オシアジガーNR2000PG

  • ギア比:5:1
  • 最大ドラグ力:10.0kg
  • 巻き上げ量:96cm
  • PE糸巻き量:3号/400m, 4号/300m

PGモデルなので、ハンドル1回転当たりの巻き上げ力の軽さが魅力的。300g以上のジグを使う場面が多い中深海でも、疲れを感じず、1日を通して集中力を保ちながらスロージギングが楽しめます。

ソルティガIC300H-SJ

  • ギア比:7:3
  • 自重:405g
  • 最大ドラグ:10kg
  • 巻き取り量:98cm
  • 標準巻糸量:1.5-500m, 2-400m, 2.5-300m

PE1.2-2.5号を軸に、近海ライトジギングからスロージギングにまで幅広く対応したモデル。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

Contents