2024年の新製品まとめ

【厳選8本】絶対にハズさないオススメのライトジギングロッド

ライトジギングロッドは、釣りのターゲットとなる魚種や釣り場の水深、そして使用するジグの重さによって選ぶことが大切です。

また、スピニングとベイトモデルに分かれており、それぞれの特性を理解しましょう。

狙うターゲット、釣り場の条件、そして自分の好みに合わせて、適切なロッドを選ぶことが大切です。

[st-minihukidashi webicon=”st-svg-hand-o-right” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]ライトジギング本格派ロッド3選[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8EAF6″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  1. グラップラーBBタイプLJ
  2. グラップラータイプLJ
  3. ブラストBJ

[/st-mybox]

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”1804″ label=”この記事の著者” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#66cdaa” color=”#ffffff” fontawesome=”fa-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

Contents

ライトジギングロッドの選び方

[st-square-checkbox bgcolor=”” bordercolor=”” fontweight=”” borderwidth=”3″]

[/st-square-checkbox]

長さの選び方

ライトジギングロッドの長さは6〜7フィート前後が一般的。

ジャークやリトリーブに十分な操作性があり、また小型の魚から中型の魚まで釣ることができます。

しかし、水深が深い場合や、大型の魚を狙う場合には、より長いロッドが必要になる場合があります。

スピニングかベイトモデルか

基本的には、好きな方で大丈夫です。

ただし、太刀魚とシーバス狙いの際はベイトロッドが必須。

太刀魚は圧倒的にフォールでのバイトが多く、ベイトロッドでの釣りが有利になります。

また、シーバスジギングは、巻き上げからのフリーフォールで食わせる釣りになります。

やはり、ベイトロッドが必要になるでしょう。

2023年に人気のモデル

ダイワの最先端テクノロジーを搭載したフラッグシップモデルです。

快適なジャークとパワーを追い求めた、究極のライトジギングロッドに仕上がっています。

シャクリやすいローレスポンスロッド、パワー重視のチューブラーモデル。

さらに、曲げて魚とファイトが出来るフルソリッドロッドまで登場。

自分のスタイルや状況に合わせた1本を選べる、幅広い商品がラインナップされています。

[itemlink post_id=”9128″]

  • 全長:1.91m
  • 継数:1本
  • 自重:130g
  • ジグ:40-120g
  • ライン:0.6-1.2号

ゲームタイプLJ S63-2

シマノから発売されているライトジギング専用モデル。

中級者から上級者まで楽しめる本格派ロッドで、王道のワンピッチを軸に多彩なジャークに適応します。

細身ブランクスながらも、大型青物にも負けないロッドパワーを実現しています。

[itemlink post_id=”3514″]

グラップラータイプLJ S63-2

グラップラータイプLJ」は、シマノから販売されているライトジギング専用ロッド。

スピニングタックル、ベイトタックルの両方をラインナップした中位機種モデルです。

ミドルクラスとは思えないクオリティを持っており、様々なジャークを使いこなして、魚に口を使わせる釣りに最適です。

[itemlink post_id=”2870″]

  • 全長:1.91cm
  • 継数:2本
  • 仕舞:146.1cm
  • 自重:125g
  • 適合ジグ:40~160g
  • PEライン:MAX1.5号

おすすめのスピニングロッド

アウトレイジLJ62XXHS-TG

ハイエンドモデルである、ソルティガLJの設計を継承して作られたライトジギング専用ロッド。

アウトレイジLJシリーズの中でも、「LJ62XXHS-TG」はパワー系のゲームに適した設計に。

細身でシャープな見た目からは、想像できないパワーファイトが可能です。

グラップラーBBタイプLJ S63-3

「21グラップラーBBタイプLJ」はライトジギング入門者モデルになります。

主なターゲットは、イナダ、サワラ、タチウオなどの中型青物。

速度変化を付けたロッドワークにも対応し、スロー的なフォールの動きにも糸絡みが少ないのが特徴です。

また、感度が高くボトムタッチの感触も掴みやすいので、岩礁地帯でも根掛かりを避けた釣りも楽しめます。

[itemlink post_id=”2711″]

おすすめのベイトロッド

ブラストBJ63XHB

ジギングロッドとしては、初心者〜中級者に向けた製品ですが、近海ジギングに焦点を絞れば十分すぎるアイテムです。

「リーズナブルで本格的なオフショアロッドが欲しい!」というアングラーにオススメ。

ベイトロッド、スピニングロッドに分けられており、いずれも近海ジギングに最適です。

ベーシックなロッドですが上位機種に迫る性能を持っており、上級者のセカンドロッドとしても人気があります。

[itemlink post_id=”12191″]

  • 全長:1.91m
  • 継数:2本
  • 仕舞:1.44m
  • 自重:139g
  • ジグ:60-150g
  • PE:0.6-1.5号

グラップラーBBタイプLJ B63-2

ロッドのねじれを最小限に抑え、ジグの操作性が高いモデルで、特に太刀魚ジギングに最適です。

様々なジャークを駆使して、口を使わせるゲーム性高い釣りが展開できます。

また、パワーも十分あるので、小型の根魚から真鯛、青物まで幅広い魚種を狙えます。

ライトジギングに欠かせないスペックはすべて備わっているので、不意の大物が掛かっても安心してファイトができます。

[itemlink post_id=”2714″]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

Contents